何かを得る為に何かを手放すという真実

よく、ビンの中にバナナを入れておいて猿にビンを渡すという実験があります。

猿はバナナをつかんでしまってビンから手が抜けなくなるというやつですね。

 

物事のあらゆることも、この関係になっていて何かを得るためには何かを犠牲にしないといけません。

例えばサラリーマンは時間と引き換えに給料を得ています。

新しい人を入れようと思ったらスペースなり費用がかかります。

 

新しいスキルを得ようと思ったらお金を手放します。

自分で勉強することもできますが、こっちの方が時間が短縮できるので。

 <>

独立は時間を得て、さらに大きな収入を得るための手段ですが安定を手放します。

この時代だと安定ももはや安定ではないかなーというのが個人的な感覚なので今回に至ったわけですが。

後悔よりも今は自分のペースで仕事できるので時間的な自由を満喫していますね。

 

知り合いの社長と、もうちょいしたら旅行にでも行こうかなと企画しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.