卸仕入れの手法

先日、うちのNo2からとある業種の営業権譲渡の話がきました。

ちょっと守秘義務契約の話もあるんで詳しくは話せないですが。

売る理由はオーナー社長の健康上の理由だそうです。

 

 

ちょっと財務見てみないとなんとも言えないので、

話すすめてデューデリジェンス(資産査定)をうちのNo2に丸投げしてます。

現状が儲かっているようであれば買うし、そうでなければ見送るというスタンスですね。

この際、将来性は排除します。

 

 

そこでピーンときました。

田舎にある潰れそうな商店ありますよね?

昭和30年とか古くからやってるようなところです。

 

 

そこの営業権買うって手法ですねー。

そうすれば仕入先やらアカウントやら手に入るので安く仕入れられます。

しかも古くからやってるところってメーカーが小さいうちから取引してたりするので

代理店挟まないケースもあったりします。

どうせ廃業するんであればいくらかでもお金になった方がいいですしね!

これこそ3方よしです。

 

そうなればかなり価格競争力強いので面白いと思います。

リアル店舗も安く賃貸してもらってリアルとオンラインで販売するっていうのも手ですしね!

 

 

田舎は空き物件いっぱいあるんで現存のテナント抜けるだけでもオーナーは打撃ですし。

交渉の価値は十分あります。

 

 

新規参入難しい業界もこの手法なら全然参入できます。

というわけで狙ってる店舗、実はあります。

 

 

まだ話も何もしてないんですけどねー。

こういうの考えるのが趣味なんです。

アイディア出すのは無料ですから!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.