輸出で大事な7つのこと

よくありがちなタイトルですねー。

でもやっぱりテキトーにやってるわけではなく、きっちりとした想いを持ってやってます。

 

でも精神論だけでなくやっぱりテクニック的な要素も大事だったりします。

自分が今やってて、こういうの大事だなーと思うものを無理やり7つにまとめてみました。

結構参考になると思うんで自分と照らしわせて見てみてください。

<>

 

1.お客さんの気持ちになる。

やっぱりお客さんが一番大事です。一緒にやってるメンバーも大事ですけど。

お金はそれ相当の満足があってからいただけるものです。

無在庫の場合はちょっとアレですけど(笑)

 

クレーム対応とか、お客さんの気持ちになれば基本的に揉めることはありません。

でも無茶をいう人はお客さんだと思っていません。

 

 

2.3方よしの精神

売り手よし・買い手よし・世間よしの3つを満足させることを3方よしといいます。

商売する人はこの精神が大事だと思います。

一見プラプラしてるように見られるんで私個人としては世間よしではないですけど。。。。

 

 

3.フローをしっかり立てて理解する。

外注に任せっぱなしの私は直近のフローを理解していませんでした!!

これどうなってましたっけ?と邪魔をしているように思えます。

私が確立したのは初期の頃で、あとは優秀な外注の人が改善をしてくれていました。

 

でも輸出ってフローを少し変えるだけで大きく変わります。

だから結果出てなかったらガンガン変えてみればいいと想います。

何度も言いますが、データは大事です。

 

変えたら数字で比較する。

この癖をつけるようにしてください。

 

外注は客観的にやってる人が多いので的確なアドバイスもらえることが多いです。

なので日頃から意見求めてみるといいと想いますよ。

 

こう考えてるんですけど、どうしたらいでしょうかねー?とか。

 

4.スタッフも大事

スタッフも人間です。

 

たまにイラっと来たりもしますが基本的にそこまで怒ることはありません。

なぜなら最終的には自分の責任だからです。

 

うちのスタッフは人間できてる人が多いので、ミスは自分の責任だと言い出します。

でもこれも相手の立場になって見ればいいと想います。

最終的に黒字になってればいいじゃないですか?

 

外注も人間だからミスします。

でもそれを防げるフローに変えればいいんです。

1個の商品の赤字より外注の精神的な苦痛の方が重大です。

 

何よりミスしたことを悔いているのは本人です。

萎縮するより楽しく働ける環境にするためにエネルギーを使いましょう。

 

 

5.ルールを理解する。

そのプラットフォームを借りてビジネスさせてもらってるんで神様(特にAmazon様)の言うことは絶対です。

どうすれば警告、退場になるのか理解しましょう。

 

ギリギリを攻めると儲かりますが神様(特にAmazon様)の機嫌を損ねると

すぐ退場にさせられるのでもう一歩内側で戦いましょう。

 

 

6.自分を信じる

最初のうちは儲かりません。

信用がないんで当たり前です。

 

でも儲かってる人がいるのも事実です。

ちょっとアホな子でも素直に続けていれば儲かるのです。

むしろちょっとアホな方が儲かるのです!

だから自分に自信を持って継続しましょう!

 

昔不動産の営業やってた時に入って2ヶ月で辞めようか先輩に相談したら言ってました。

「今、逃げたらどこ行っても逃げるようになるよ。だから今、がんばろう!!!」

結果、その先輩の方が先に辞めました。。。。

 

でも、この言葉は私にとってすごく大事な言葉だったりします。

自分を信じて続ければ明るい未来が待ってるんです。

たぶん。

 

7.ネットワークを大事にしよう

 

輸出やってる先輩から学びましょう。

初心者だからといって遠慮しなくてもいいです。

みんな最初は初心者からスタートしたんです。

 

 

悩みを相談するだけでもスッキリするし目標にする人も見つけられます。

どこどこに所属してるからいいや。

ではなく、いろいろな人に出会っていろいろな手法を学べばいいと思います。

 

その中からもっといい方法が見つかるかもしれません。

何より、重要な話はオンラインよりオフラインで出回るんです。

 

あと仮想ライバルを作るといいです。

私にも居ましたがいつの間にか彼は消えていきました。

 

以上、輸出で大事な7つのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.