日常の不満こそビジネスの着眼点

フェイスブックとかラインで繋がってる人はわかってると思いますが、ウニが超大好きです。

そのせいで、ウニだけはどこに行っても食べれません。

正直、青森県内でも食べれないとこがあるくらいウルサイです。

 

 

ウニってまずくても高いんですよねー。

は?って聞きたいくらい。

 

<>

よくこんなウニを生ウニって言って提供するなと思います。

詐欺レベルですよ。

 

 

新青森駅の中の海鮮丼出す店とか最悪ですよ。

あんなの出したらウニは美味しくないもんだって思ってしまうと思います。

 

 

ちなみに以前、根室に出張に行った時もウニを

食べたんですけどそこも美味しくない、他よりはミョウバンが薄かったですが

やはり苦味がほんのり残るんですよねー。

 

 

ウニがなぜミョウバン漬けて出されるかというと、身が崩れやすいからなんですよね。

こんだけ輸送技術が上がってるんだから生きたウニ出せるはずなんですけどねー。

ウニを剥く手間も省けるし、単価も取れるだろうに。

 

 

千葉とかにでかい水槽作って、そこから生きたウニを中継してやれば

生きたまま築地にも出せると思うんだけど。

 

 

そう思って漁協で働いてる母親に聞いてみると、

このあたりのウニはそもそも大量の需要に対応できるような数がないということでした。

いやー、だから値がついていいんじゃんと思うんですけどね。

 

 

・・・・地方とビジネスをやるのは難しいですね。。。

 

 

こういうのって間違いなく日常生活の不満から求めるものなんですよね。

美味しいウニが食べたい。。。

それだけなんです。。。

 

 

ちなみに不満はビジネスチャンスです。

一番最初のニーズが自分なんで!笑

 

 

どうすれば解決できるのか?

競合は?市場規模は?とか調べていってリサーチしていくんですよねー。

 

 

そういった中で不満買取センターなるものもあります。

http://fumankaitori.com/

 

 

これ、すごい目の付け所がいいアイディアですね。

名前聞いた瞬間やられたって思いました。

 

 

PS:ちなみに地元でウニ丼食べましたが間違いなく最高でした。

いろんなとこ出張行ったけど、比べられないくらいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.