amazon輸出の業務フローの変更を恐れない。

久し振りの更新になります。
ここ最近、体調が非常に悪く回復に努めていました。
急性胃腸炎と突発性難聴など、こう見えてもストレスとか疲れとかたまってたようです。
幸い4月下旬から完全独立となります。
私の転職歴多い理由にストレスの限界ってのもあるんじゃないかとマジで思いました(笑)
それはさておき、APCとかツールすべてですが、ライセンス認証するとこちらでどの人が使い始めたとかわかるようになってます。

いろいろ見てて思ったのですがAPCは使う人が多いんですがWorldの方は使用率2割くらいなんですよね。

これ、不思議でなりません。
既存のASINで出せば売れるっていう時代はとうに終わってると思います。
新規で登録しつづけるという方法であればまだまだいけると思いますが。。
worldは競合の最安値を取得してきます。
どこの国から出品されてるというのは意味がないです。
自分の勝てる価格のものを大量にだすというのが一番売りやすい戦略です。
そのためにどうやって仕入価格を下げるかというのがキモになってきます。
特にAPCとWorldは別プログラムなのでスピードは1番ですし。
競合を知らずに出品し続けるということが無意味な気がします。
それにも関わらず売れないという人があまりにも多いです。
フローの変更を恐れずにいろいろと試してみればいいと思います。
失敗したら戻せばいいだけですし。
それが少数でビジネスを展開するものの強みです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.