amazonオワタ・・・

アマゾンが終わったと何回もうたってきましたが、いよいよやばいかもしれません。

商品が検索に引っかからなくなっています。

ちゃんとしたワードでないと引っかからなくなっているようですね。

アマゾンのフォーラムでも上がっているようです。

「プリキュア」➡検出されず
「ハピネスチャージプリキュア」➡検出される(以前は「プリキュア」だけで検出された)

「トランス」➡検出されず
「トランスフォーマー」➡検出される(以前は「トランス」だけで検出された)

「ミク」➡検出されず
「レーシングミク」➡検出される(以前は「ミク」だけで検出された)

以下はある商品の購入者用の検索フォームでの検索結果です。

商品名「京商 1/10 電動2WDバギー EZシリーズ サンドマスター レーシングミク 2014バージョン」

この商品を「ミク バギー」で検索しても検出されません。(以前はこれで出てきたはずですが違う商品が出てきます)
「レーシングミク バギー」で検索しないと出てきません。(「初音ミク バギー」でもでてきません)

これではお客様が欲しい商品を検索してもなかなかたどり着けない状況なのではないでしょうか?

まぁアマゾンはこういう余計な変更をちょこちょこするのですが今回ばかりはマジで終わりましたね。

こんなにセラーにとって改悪ばかりするようではセラーも嫌がるでしょうね。

 

変えていい所と悪いところがあると思うんですが今回はかなり最悪です。

今年に入ってセラーが喜ぶようなことって一回もしてないんじゃないだろうか。

1番のリスクがアマゾンという笑える状況になってます。

 

というわけでヤフーショッピングに力を入れていて正解でした。

今月はアマゾン上回るペースで来てますのでいよいよ逆転になるかもしれません。

 

安売りするアホが同じページで販売しないというのが1番いいです。

売れそうな商品は最初からヤフーショッピングのみでアマゾンでは販売してないです。

 

そうなるとヤフーショッピングで売れる確率が上がりますし。

もっと早めに力を入れておけばよかったなと若干後悔してますね!笑

 

今はヤフーがポイントを増やしてバイヤーがポイント消費するためにヤフーショッピングで買ってるという好循環を生んでいます。

いくつかコツはあったんですがアマゾンに比べると割と簡単だった印象です。

 

余計な足ひっぱりもないですしね。

近々ヤフーショッピングの教材でも作ろうかな。

 

ヤフーショッピングの2店舗目が回ったらいよいよ自社のネットショップですね。

売上比率で言うともっとアマゾンの比率を下げたい所です。

 

やっと嫌いなアマゾンからの脱却っていうのが見えてきました。

でも株は持ってるんですけどね。笑

 

物販やる上でアマゾン使うのはいいのですが、早めにアマゾン依存から脱却することが1番重要です。