35歳定年説

IT業界では35歳定年説という言葉がある。

35歳がひとつのラインになっているからだ。

実はこれには理由があって、案件の応募の際に年齢制限があったりするのだ。

35歳から徐々に決まらなくなってくる。50歳以上だと特別なスキルがないとかなり厳しい。

これには様々な理由があるが主な断り文句としてはプロジェクトリーダーが若いとか、年を取ると口がうまくなって手が動かないとか言われている。まぁ中にはちゃんとしてる人もいるのだが少数の人間のせいで全体がそう見られているのは事実だ。

同じ業界の経営者は本当にこれでいいと思っているのだろうか?

まして現場に出ているエンジニアはその辺りの事情は知らないと思う。

社員の事を思っているなら今のうちに手を打たねばならないだろう。

いざという時になって契約社員や個人事業主に切り替える会社が多い。

完全に使い捨てではないか。自社で完結するサービスを展開していかなければならない。

IOMは3年以内に自社サービスを展開していくことを決めている。

しかも社員は最大でもおそらく40人くらいまでだろう。それ以上だと利益が薄くなり世界一の平均給与を達成するのに難しくなって行くと思う。

ITというモノは少数精鋭で行ける特性がある。それを最大限生かして追求していく。

まだ見ぬ仲間の為にますます頑張らねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.