電車遅延のアナウンス

昨日、京浜東北線、横須賀線、東海道線で大幅な遅延が発生していた。

弊社のプロジェクト要員からも遅延の為遅れると電話があったのだが、気になるのは電車遅延のアナウンスだ。

以前からかなり気になっているのだが「前に電車が詰まってるから、~分停止します」とか「停止信号の為止まります」などを説明するのはいいのだが問題は内容である。

お客様が知りたいのは電車が止まった根本的な理由であって表面上の理由ではない。電車のアナウンスを聞いて遠回りしたら実はすぐ復旧していたなんて事はしょっちゅうある話で、僕なんかは電車のアナウンスを信じていない。

なぜ、あそこまで情報がコロコロ変わるのか理解できない。推測ではあるがとりあえず報告しないと・・的な発想があるのだろう。だがもっと顧客の目線でアナウンスをすべきである。

そもそも一般の会社の新入社員は報告の際に5W1Hで報告するよう指導されるが電車の運転士はどのように教えられるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.