離職率を低下させるコミュニケーション

以前いた会社で組織におけるコミュニケーションの重要性をイヤというほど思い知った。

離職率が高くなる傾向として、まずコミュニケーションが希薄になっている組織が危ない。意志の疎通が取れていない、部下の悩みをわからない等々いろいろな問題があるが一番大事なものはコミュニケーションだ。

コミュニケーションは接触回数に比例して多ければ多いほどよい。少し声をかけるだけでも全然違う。前提条件として嫌われていないという事が重要である。

部下に対して愛を持って接することで部下の意識も変わっていくケースも多々あった。部下の意識を変えるには上司の意識が変わらなくてはいけない。

部下は上司を写す鏡である。この事を意識するだけでも随分違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.