選挙報道に関して

8月30日に衆院選が控えていてテレビでの放送も多くなってきたがメディアの役割として選挙に関する放送は平等でなければならないと思う。

ほとんどの放送局では自民対民主の構図で取り上げられている。国民の関心も高いのでクローズアップしようとしているのはわかるが、それが前回の偏った政治を生む結果に繋がった気がしてならない。

各党にそれぞれのマニフェストがあり目指す政治は違う。国民一人一人が違う考え方を持っているし自分がこれだと思う人や政党に投票する。メディアは中立の立場であるべきだというのは過去の論理になっているのだろうか。

今回は自民、民主以外の党があまりにも露出が少なすぎる。

メディアであるなら選挙の放送はもっと中立に取り扱うべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.