輸出における外注スタッフの重要性

我々のようなビジネスはスモールビジネスから始まります。これは、どのビジネスでもほとんど当てはまります。

大企業の新規事業構築とかは別ですよ。

段々と時間の確保が難しくなってくるのでスタッフを雇っていきます。私の場合はわりと早い段階で外注化していきました。理由は簡単でルーチンワークが死ぬほど得意でないためです。こういう場合はルーチンワーク得意な人と組めばいいんです。その費用対効果を考えてメリットが多いということになれば雇うということになります。おかげで時間が確保できました。正直赤字の段階から外注雇ってましたね。このビジネスは絶対に伸びるって確信が持てためです。

それはさておき、何かの本に書いてありましたが改善には余裕が必要だそうです。その通りです。目の前にタスク山積みであればタスクの追われます。ここに問題あるよなーって思っていても実際に行動に移せないですよね。というわけでタスクに追いつかれる前に外注化していきましょう。

ただ、最初の段階で身内を雇う人が多いみたいですね。これは正直おすすめしませんね。組織として小さいままでいいならかまいませんが。

身内以外の人が入ってきた場合、その身内の扱いが面倒になります。新しく入ってきた外注が優秀だった場合は尚更ですよ。あと身内に絶対に生まれる甘えって出ます。最終的にはいろんな他人と組んでいくのでその練習としても身内以外の人を早めに入れることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.