輸出における外国人の外注コストと日本人の外注コスト

一時期oDeskを使って海外に住む外注を使おうというのが非常に流行りました。

英語がからきしダメなので、その当時に仕事をお願いしていたインターナショナルスクール出身の人に外国人の管理を任せてみたんですけど・・・結論からいうとダメでしたね。

理由は簡単です。その管理者が社会人経験もなかったし輸出の経験もなかったので質問されても全部こっちにきちゃうんです。それでそのタイムラグに海外の外注がイライラして辞めるっていうんですよね。今考えれば当たり前です。

業務やったことない人に管理任せてみたんですから。我ながらなかなか思い切った冒険ですね~(笑)

それで日本人に切り替えました。結局は意思の疎通が図れるんで非常にスムーズです。そのイライラするコスト等も含めると日本人の方がトータル的に見ていいのかなと思います。しかも今は私以外、英語できる人しかいないので今トライしたら、たぶんできるんだろうなって思います。

その当時仕事を任せてた彼女もその後別な仕事が忙しくなったとのことでそれきりですが。。社会人として伸びてくれていることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.