突然変異と適者生存

めずらしくアカデミックなタイトルでしょ!?

今チームの内部の仕事のやり方を一部変えています。
変える理由はもっといい方法を見つけるためです。

大学の時、進化論とプログラムを組み合わせたようなものを勉強してたんですよ。
勉強ってもほとんど英語の本を丸写しみたいな感じでしたけど。

その中で評価と突然変異ってのがあって、簡単に言うと適者生存ってやつです。
突然変異したものが環境に適応してれば残る。そうでなければ残らない。
それを繰り返して進化していくって考え方です。
<>

方法を変えるってことは突然変異を意図的に組織内に作り出してるようなもんです。
評価は数字みれば明らかです。適応してるかどうか。

つまりずーーーーっと同じままでは環境のズレに適応できずに死ぬってことです。
そのために自分で新しいやり方のマニュアル作ってるんですが、このマニュアル作りが死ぬほどメンドイです。

リサーチで売れそうな感じってどう説明すっかなー。

営業やってたこともちょっと影響してるんでしょうねー。
とりあえず、やってから考えろ的な(笑)
数こなせば見えてくるみたいな。

・・・・・・・・・結果、よくわからないとか言われる始末(笑)
まー、マニュアルも作って慣れますよ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.