相手の立場に立つという感覚

仕事をする上で相手の立場に立つということは非常に重要なスキルだと思う。

個人的には挨拶と同じレベルで重要だと思います。

例えば僕のよくいくスーパーでは袋を何枚も出して来る。手は2つしかないのに。

マニュアルを重要視しているあまりお客様の情報がキャッチできていないのでしょう。

しかもこちらはバッグを肩にかけているので車で来ていないことは容易にわかる。

またメールでの署名や一方的なメール。

署名がないばかりに連絡できないケースや添付が重くて一目見てわからなければゴミ箱にいくケースもあります。

とあるマーケティングの大家が言っていた言葉に「顧客は見ない、聞かない、動かない」と言っていた言葉があります。

まさに受け取る側はそういう思いなのです。ユーザビリティが悪いばかりに情報を受け取ってもらえなかったり悪い印象を与えてしまうのではもったいないと思います。

最近のビジネスパーソンはこの相手の立場に立つという感覚を失ってきているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.