独眼竜正宗

オフィスパートナーの柴崎さん(元上司)に勧められて5月から見ているがまだ終わらない。。

普通の映画は2時間で終わるが大河ドラマは1枚で4話入っているので非常にお得な感じだ(笑)おかげで休みが潰れてしまう。

まだ続いているのだが、これまで見たところまでをかいつまんで説明すると豊臣から徳川に支配が移るという時をどうやって切り抜けてきたのかがわかる。

運も良かったし秀吉にかわいがられていたこともわかる(笑)

本作の主演は渡辺謙だが圧巻は大滝秀治と勝新太郎の演技である。

大滝秀治は自分なりの虎哉和尚を演じている。勝新太郎は凄まじい存在感を出している。画面を通してもわかるくらいスゴイ。その他の脇役も主役ができる人ばかりである。

今は渡辺謙も抜きんでてる俳優だがあの時に勝新太郎と大滝秀治と競演して何か掴んだと思う。

これまで自分もいろいろな人と仕事をして来たがスゴイ人はメールの返信が早い。『待ち』を発生させないのだ。これは他人の時間を尊重している人でないとできない。

心がけているがまだできていない。今後の課題である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.