市場崩壊!フロム・エーキャリアというビジネスモデル

リクルートグループが新しいビジネスを始めた。

WEBに採用広告を載せて採用までの流れは同じだが完全成功報酬で一人採用できたら最低20万円からである。採用してる間はずっと広告を出しておけるので企業側にしたら広告を出すハードルが低い。

実はこのビジネスモデルはジョブセンスという会社がアルバイト向けですでに成功させている。フロム・エーキャリアは正社員向けに本格展開していくということで新しい市場を切り開いた形になる。

利点としては

1.効果がわかる

→今までの採用媒体は広告を出したはいいが、企業側が欲しい人材が来ないケースもあった。

2.期間に定めがないので随時募集が可能になる

→既存メディアだと2週間から1ヶ月間だったのに対しこのモデルは採用を取りやめるまでずっと出しておける。

3.圧倒的に安い

→1人20万からだということで人材紹介より圧倒的に安い。

4.営業マンの数が少なくて済む

→フロム・エーキャリア経由で採用したら請求できるのでまさに自動販売機のようなモデルである。今までの営業主体からWEB主体になっているので営業の数が少なくてすむ。結果、利益率が上がる。

実は他社で正社員向けでやっていた所もあったのだが営業に力を入れていなかったのでシェアが取れていなかった。それをリクルートが始めた。

企業側にとっては採用コストが下がるので手放しで喜べるが採用媒体市場の崩壊につながる恐ろしいビジネスモデルである。今のうちにシェアをとってしまえば他社が始めた時には圧倒的なポジションを築くことが可能だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.