努力が報われるとき

ある出来事を始める時に最初はなかなか思ったようにうまくいかない。

それがある点から二次関数的に伸びることが多々ある。

自転車がいい例だ。最初は方向に気をとられるか、足に気をとられるかで転ぶ。何度も何度も転んでようやくうまく乗れるようになるとそこからの成長は早い。

営業でも最初からセンスのいいやつはいるが結局はまじめにやってるやつに負けてしまうのだ(笑)まじめにという方向性させ間違わなければ。

これを経験上知っている人は諦めない。いつか実を結ぶことがわかっているからだ。間もなく7月になろうとしているが躓いている新入社員はあきらめずに頑張ってほしい。

その苦労が報われる時が来るから。

勝俣も言っていた。最初の無様な失敗をほめてくれるやつがいるかどうかだと。

たまにはあいつもいいこと言うもんだと思った(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.