人にプラスを与える

不動産の営業の時に常に考えていたことは相手にプラスを与える人物になろうと常々思っていました。普通の営業だと移転して終わりですが経営者にとって移転は手段でしかありません。

そこで自分は顧客の成長を早めて次の移転を早くしてもらうことを目標にしていました。

そうするとクライアントの事業内容を完全に把握するようになり他社とは違った提案ができたり営業代行として動けたり、事業シナジーをもつ会社を紹介できたり、経営者視点でモノを考えられるようになったりと幅広いスキルが身につくようになります。

業界の方向性として下っ端には認められない動き方だったのですが離職率が高いので幸いにも1年くらいでそういう動き方ができるようになったので結果的に良かったと思います。

自分のモットーとして今でも大事にしている考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.