中野ブロードウェイから学ぶ

東京にちょくちょく出るようになって11年経つが今回、高校の同級生が行きたいとのことで初めて中野ブロードウェイに行ってきた。

結果はかなり面白い所だった。アニメグッズなどが狭い店内に所狭しと並んでいてかなり秋葉原っぽい雰囲気がする。

別にアニメは特に見ないのだがドンキホーテようなごちゃごちゃしている空間がたまらなく楽しい。

中野ブロードウェイに入る前の商店街が車が入れないくらい狭くてごちゃごちゃしている。

地方に行くと商店街の中を車が入れるようになってしまっている所があるが、あえて歩かせるというのはお客様に対する広告につながるので商店街は車を使用させるべきではないということがわかった。

もし一歩通行の商店街であるなら始まりのところまで歩かせて終わりになったらバスを使って戻すというのはどうだろうか?

また特定のグループのものを固めるというのはそれが好きな属性の人達が集まるのでブランドを作りやすいということがわかったのも非常に勉強になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.