一歩先に行く、飲食店舗のネット利用法

先日、新橋のとある飲食チェーン店に行ってきた。そこでは席に置いてあるアドレスに携帯から空メールを送ると500円相当のパフェが無料で食べれるということを説明された。

PCからのメールを解除するのがとても面倒だったので、すっぱりいらないと答えたが。。。最近は飲食店でも顧客との接点を持とうとするケースが多い。

しかし、どんな粗悪な店でもこうやってマーケティングしてればリピーターになるかと言われると絶対にならないだろう。イヤなイメージがついてしまったものに、再度アプローチをかけられたら解約するに決まっている。

まずは最低限のレベルを確保しなくてはいけない。

そこから一歩進んだマーケティングで、店からメールを送るのではなくテーブル担当に送らせればいいのだ。お客は店より店員というコミュニケーションが図れるものにつきやすい。

テーブル担当はどういう注文をしたか、どういう人だったかをしっかりデータベース化し、次の来店に備えたり営業メールを打つといいのではないだろうか。他の店舗よりきめ細かいサービスができるのは担当ベースでしかない。

このサービス導入したい方は是非ご連絡ください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.