レッツノートのリカバリ

最近、ファイルを一個ひらくのに5分以上かかってて、さすがに仕事に支障をきたすのでパソコンの復旧を始めることにした。リカバリーディスクを紛失したので社内で使っていないデルのXPでインストールをした。

問題はドライバーだが最近はDrivermaxというドライバー情報を一括で管理できるすぐれものだ。

復旧の際にはドライバーと、このソフトをCDなりDVDに焼いてやればOKだ。

ドライバーをまとめたzipからも復旧できるのらしいのだがDriavermax5.2の新しいバージョンをZIPのまま実行してしまうとソフト側で解凍したあとテンポラリフォルダを作成し、みずからそのフォルダを削除して、ファイルがないと騒ぐエラーがある。

回避のためにはあらかじめ自分で解凍をしておき、フォルダからのリストアを選択すること。またレッツノートのW5という機種だがこれは上記の手法でドライバーを復旧させるとオーディオデバイスでバグが出る。解決するためには上の方法でドライバーをインストールした後にレッツノートのダウンロードページでMS修正 モジュール(Q888111)をインストールしたのち、サウンドドライバーだけ再度入れると大丈夫である。

パソコンをリカバリして一番思ったのは大事なファイルだけを残しておくという方法が身に付いた。いつ壊れても大丈夫だし、パソコンが早いというのは仕事のストレスが減る効果がある。

これで定期的にパソコンをクリーンにできる。しかし、この方法だとゆうに一日はかかるので注意したい。

サウンドドライバの方法が解決できるまでに2回入れなおして徹夜になってしまった。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.