メルカリでガチで取り組む!その後・・・

メルカリに取り組んでみた

メルカリでガチで取り組んだという経緯はこちらで書いてます。その後どうなったかという話ですね。
というのもあれから結局いろいろとタスクが降ってきて10月20日くらいから取り組んだんですよね~。

方針

今回は自分が仕入れた在庫しか販売していませんでした。


つまりメルカリは販売チャネルの一環としてのスタンスで使った感じです。
無在庫は一回もやりませんでしたね。

出品件数は30件前後をウロウロしてました。
配送方法はFBA一択です。
他の販売者のブログ見るとFBAは気をつけろ的な内容も多いんですが今回はあえて使ってみました。

結果

この後もいくつか完了するでしょう。
なので今の段階で確定したものだけを集計した結果です。
販売件数は13件、金額は22356円です。

使ったツールは無料期間のツールだったんですが通常利用だと14800円もかかります。
それを入れると8千円くらいになりますね。やる価値なくなります。笑

傾向と対策

まずはツールですね。
これを安くしないと利益が上がりません。

次は出品数です。
無在庫やればもっと売上よかったと思うんですがとりあえずどれくらい売上上がるか見たかったので在庫販売のみで取り組みました。

FBAに関しては特に怒られるようなこともなかったですね。
ただ、住所変更してないとか壊れてたっていう場合のイレギュラー対応がちょっとめんどくさかったです。
今回は無事に解決できたのでFBAの使い方の幅が広がりました。

結論

儲かる儲かる言われてますけど思ったほどではなかったです。
特にツールの費用がかさむのでここをどうカットするかが勝負でしょうね。
ツール費用カットできれば販売チャネルの一環としては機能しそうです。

ただ、リサーチに関しては人の心理というか面白い方法が見つかったのでそれを交えると今後は戦略の幅が広がりそうです。
これは後日CTW向けの記事にまとめたいと思います。

あとツールもいいのがあったのでそれも併せて紹介します。
うちでリリースというのもいいのかも知れないですね。

あと今回思ったのがFBAの費用の高さが際立ちました。
ある程度までいくと配送センターを設けると利益が大きくなると思います。
これは知ってたんですがやっぱりかって再認識しました。

チリも積もればなので出した方がマシですね。
ただし、値段はちょっと高めにしておいたほうがいいかも。

理由はとりあえず安くしろって絶対に言われます。
値下げしないと、最悪呼ばわりされることもあります。笑

今後はツールを変えて継続的にやっていきたいと思います。
単純に年間でも24万もあれば相当です。

うちは利益率も結構高いので。