ディズニーに学ぶ

前々職で組織コンサルの会社で働いていたのだがその時の社長に「その場にあってはいけないものがあると人は冷める」とよく話ていた。音楽や照明、映像等がコンセプトに完璧に沿っていなければならない。

例えばディズニーランドなんか良い例でパークのセットのウラとか見えると演出されてる感を感じてしまい興ざめしてしまうだろう。

徹底された世界観の統一がディズニーの魔法そのものなのだ。

世界観の統一と書くと簡単だが並大抵ではない。しかも一昼夜にできるものでもない。

長い時間をかけて培った世界観の共有。

高いコストをかけて作り上げた舞台装置や衣装。

どれをあげても尊敬してしまう。

朝、武蔵野線で通勤する時に舞浜で乗降するお客のうれしそうな顔を見ているとそれだけでいい一日になりそうな気がしてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.