グーグル携帯

来月下旬以降で注目していたアンドロイド搭載のグーグル携帯がとうとう発売される。

常に反体制側にいる自分の大嫌いなドコモから出るということで微妙だが(笑)注目している。

携帯の開発費用はおよそ1億でOSの開発に5000万くらいかかると言われている。

この共通OSを利用することで開発費が単純に半分になるだけでなくAppstoreのようにアプリを開発・販売できる市場ができる。海外では既にあるのだがiPhoneの方に人気があるらしい。

アプリ開発の言語はiPhoneはObject-cだがアンドロイドはJAVAなので開発者数では上回る。

アプリ数はすぐ追いつくだろう。

iPhoneと似ているがiPhoneの方が勝る理由は音楽機能とデザイン、そしてAppleというブランドだと思われる。特に音楽機能は大きな差別化になる。

Appleより音質で勝るソニーがアンドロイドOSを使った携帯を開発すれば面白いかも・・・

久しぶりに市場にインパクトを与えうるニュースだ。

IOMでも何ができるか考えていかなくてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.