クラウドとは

クラウドって概念的なもんなので最近かった本からもう少し踏み込んでみる。

一般にITシステムと呼ばれるものは以下の5つのものが必要だ。

①ハードウェア

②OS・データベース

③アプリケーション

                                                                                            • クラウド(雲の向こう)

④サービス(ネット)

⑤デバイス(パソコン等)

これクラウドを使うと使う側が用意するものは

④サービス(ネット)

⑤デバイス(パソコン等)

で済む。

もしくは

③アプリケーション

④サービス(ネット)

⑤デバイス(パソコン等)

の組み合わせで済む。

ITシステムを作る場合、①とか②とかの組み合わせを決定、接続、セットアップ等にも時間がかかるがクラウドを使えばすでに用意されているのを利用するだけなのでその時間とコストがカットできる。

セキュリティに関しては各社違うので考慮すべき点があるが、セールスフォースはみずほ総研や郵政でも使っている面からみると信頼性はかなり高いだろう。その辺にサーバー置いて自社で管理するより遙かに安心だ。

システムを作る側からするとこの衝撃は凄まじい。①と②はいらなくなるからだ。インフラ系エンジニアの仕事が減ると思う理由はここにある。

もちろん完全になくなるということはないと思うが今のままの水準で残れるとは到底思えない。

だから今のうちにインフラ系エンジニアは方向性を考えないといけないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.