イーベイのアマゾン化

UPCが必須になってきてるっていうことで思ったことを書きます。

UPCが必須ってことは、バイヤーがキーワードで検索したあとそれに紐付いてるUPCの商品が一覧で出てくるってことなんで、ebayでは薄かった価格競争というのがとうとう本格化してくると思います。

バイヤーからすれば安く買えるようにるんでラッキーですけど、セラーからすると価格は今まで以上に気をつけないといけなくなります。

 

これ突破するには誰も扱ってない商品を積極的に扱うっていうのがいいかなと思いますが、そうなると外注をどうやって管理するかが問題になります。

だって売れない商品を片っ端から登録されても困るんですよね。

 

価格競争になる上に、出品手数料取られるってもはや終わった感がありますね。

デメリットしかない。

ebayはアマゾンと違って出品手数料が無料じゃないのでそれなりに売れる見込みの商品しか扱わないと何万品も出してると出品手数料で利益薄くなっちゃうんですよ。

 

ちょっとここがアマゾンにどうやっても勝てない所です。

ebayにとっても売れる商品数がアマゾンより少なければアマゾンに勝てるわけないんですよねー。

そこの所、わかってるんですかね?

出品手数料無料化しないと我々みたいなセラーは離れますわ。

サーバのデータが高額だった時はこれでいいんでしょうけど、今や格安なんでこれはもはや足かせにしかなってないですね。

出品数を増やせない。そうなると販売機会のロスになります。

 

って文句ばっか言っても無駄なんで、打破する案としてはコレクター商品を中心にするっていう方法がいいと思います。

一般的に買える価格帯、商品は誰かが扱ってるし価格競争になるんでレアなコレクター商品中心にするのがいいかな。

価格競争に巻き込まれないってことと、コレクター市場はやっぱりebayはまだいけるんで。

 

って言ってもコレクター商品、扱うのダルいんですよね。。。。(笑)

絶対に売れるって保証はないですしね。

だから競合少ないんですけど。

 

販売チャネル増やしつつ売れたリストや売れやすいリストを貯めていくっていうのが今からやれることだしリスクヘッジになるでしょう。

そのためにはヤフオクのアラートをうまく使うこととリサーチが一層重要になってくるかなと思います。

 

去年の夏に実家帰って遊び呆けてた中にこれに関連したシステムのプロト版を開発したんですけど、運用した結果、超ダルいんですよ。

10月11月と外注も5人ほど入れて運用した結果、ボロボロ(笑)

何がボロボロだったかって説明するのもダルいんで詳細省きますけどバージョンアップしないといけないかなと。

バージョンアップの案はあるんですけど依頼するのもダルいんですよね!笑

 

4月か5月には一旦落ち着くのでその時にバージョンアップ依頼します。

そうなるとやっと実運用が利くレベルになります。

 

まぁ去年の年末あたりからずっとアマゾンの国内を試してみた結果、いまんとこ最強はやっぱamazonかな。

システムが理想的です。

 

それに引き換えebayのボロボロなこと。。。笑

そりゃ迷走しますわ。。。

 

今はebayはうちの新システム稼働するまでは特に新しいことやるつもりもありません。

気づいたら指示するくらいですかねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.